1. TOP
  2. Happy ナビ
  3. 「ない」にフォーカスすると人間関係なんて簡単に壊れる

「ない」にフォーカスすると人間関係なんて簡単に壊れる

 2020/10/29 Happy ナビ 声診断  

こんばんは
声診断講師の日高です。

今日はフォーカスの話です。

・旦那がムカつくんです!
・彼氏がわかってくれないんです
・会社の上司、嫌いなんです!
・子供が言うこと聞かないんです!

という人は
読むと気づきがあるかな^^
興味がある方だけ読み進めてください。

かなり長文なので、
覚悟してください(笑)

 

自信がある人とない人のフォーカスの違い

マインドのことになると
「過去に縛られて動けいない」
ということをよく耳にします。

この時、
【過去】にフォーカスすると
動きが止まるので、

どうしたいのか?
どうなりたいのか?を考え、
【未来】にフォーカスをする。

フォーカスした方が拡大されていくので、
自分の感情や思考が変わり、
結果、行動が変わっていくわけです。

 

【過去】と【未来】と同じように

【ない】と【ある】のフォーカスも
とても大事です

 

自分に自信がない人は、
自分の【ない】にフォーカスしています

特に人と比較して
自分には【ない】って思っているんですね。

ない(できない)

ない(できない)

ない(できない)

私なんてー

(これ前々回の癖です)

【ない】が拡大されていくわけですね。

 

自信がある人は
逆のことを自然にしています。

ある(できる)

ある(できる)

ある(できる)

私はできる!

【ある】が拡大されていきます。

 

人の「ない」にフォーカスするとこうなる

 

こ・れ・を
自分ではなく、他人にやってみてください。

 

相手の【ない】にフォーカスすると
どうなると思います??

 

超・ムカつく!!

なんでわかんないの!!

ふざけんなよ!

もう、嫌い!!

悲しい・・・

辛い・・・

諦め・・

 

などの感情が出てきませんか?

 

これが近しい関係ほど、
「自分のことをわかって欲しい」が強いので
色んな感情が出てくるんですね

 


旦那・彼氏・親・子供・上司・部下・・・
→日常でどこにフォーカスしています?

 

フォーカスを変えるだけで「愛」が「憎悪」に変わる

 

【ある】にフォーカスできると
「いつもありがとう!」という
【感謝】が自然と湧いてきます。

 

【ない】にフォーカスし過ぎると
エゴの感情に飲み込まれていくんですね。

 

今まであった【ある】も見失います。

相手を尊重する気持ちや
感謝の気持ちなども

オセロの白が黒になるように
パタパタパタ・・・と
黒にひっくり返っていくわけです。

 

愛が憎しみに変わるって
こういう感じですね(>人<;)

 

【ない】にフォーカスして
黒が増えれば、増えるほど、

こいつ、
全然私のことわかってくれない!
わかろうともしてくれない!!!

 

となって、

一時的な感情をぶつけて
相手を責めたりして
人間関係を自ら壊そうとしてしまう。

 

壊してしまう前に
ちょっと立ち止まって欲しいんです。

全ての答えは自分の中にある

 

声診断でいつも伝えるのですが

【全ての答えは自分の中にある】

 

目の前にある現実(現象)は
自分の中にあるものを写し出しています。

 

本来進むべき方向からズレていると
嫌な感情が出ます。

嫌な感情は、
ズレているよと教えてくれているサインです。

 

嫌な感情が出た時こそ、
「本当にそうなの?」
「本当はどうしたいの?」と
自問自答することがとても大切です。

 

自分の中にある本音は
相手との関係を本当に壊したいの?!

私は相手のことを
わかろうとしているのかな?!

 

と聞くと、

エゴの感情に飲み込まれている時は

こんだけ私は譲歩してる!
私はこんだけ我慢しているのに!!
私は尊重しているのに!!

と言う感じになります。

 

でも、
「してやっているのに」は
見返りを求める自分のエゴですよね。

本音の声とエゴの声を
聞き間違えると不幸になっていきます。

 

こんだけ私は譲歩してる!
→自分で決めて譲歩したよね

私はこんだけ我慢しているのに!!
→自分がやりたくてやった我慢だよね

私は尊重しているのに!!
→尊重したいと思って尊重したよね

 

全ては【自己責任】

 

本音を言わずに我慢したのは、
我慢することで
波風を立てないというメリットを
自分で優先して選択したわけです。

メリットの裏側にあるのが
本音ですよね。

相手といい関係を築きたいから
波風を立てたくなかった

ということは、

本音の声は
相手といい関係を築きたい

なんですよ。

 

【ない】にフォーカスすると
感情が噴き出してきて
自分の本音をも見えなくなる。

(本音とは逆のことをやろうとしていたわけです)

 

じゃあ、
相手といい関係を築きたい

でも、
私のことをわかってくれない。
言っても聞いてくれない。

 

その時に、

「じゃあ、私はどうしたいの?」

と再度問いかけて
自分の本音を深掘りしていきます。

 

相手を尊重したいけど、
波風立ててもいいから、
もう我慢したくない!

 

と言う気持ちが出てきたら
我慢せず、
相手に伝えるチャレンジをすればいいわけです。

 

言ったことで文句言われたり、
ひどいことを言われても
自分で言うと決めたから自己責任ですよね。

 

全ては自分です。

 

人間なので、
いろんな感情が出ますよね。

 

それも受け入れる!

 

一時的な感情に振り回されず、
自分の根っこにある気持ちを考えることで
本来の流れに戻せるようになります。

 

感情に振り回されそうな時ほど、
【ない】にフォーカスしています。

そんな時は、
【ある】にフォーカスしてみると気づきがありますよ。

長文をお読み頂き、
ありがとうございました。

声診断講師
日髙寛子

 

絶対大丈夫という心の安定をつくる『声診断』
 

声診断の詳細・ご予約はこちらから


↓   ↓   ↓



関連記事

  • 【子育て】も【起業】も【生き方】も共通点がたくさん!

  • マインドが見れると何がいいの?

  • ネガティブな感情は、あなたを突き動かすエネルギーになる

  • 【鬼滅の刃】 竈門炭治郎の声で ”声診断”やってみた♪

  • 人と比較して落ち込む?or 戦う?or 頑張る?

  • 自分に対する声掛けを変えてみよう!